レモンドリズルケーキ。

f0260146_1348560.jpg
初めての時は丸い型で焼きましたが、今度は大きさの違うパウンド型で。
その方が差し上げるにしても保存するにしてもやりやすいと思ったので。

ひとかけら食べたらあとは冷蔵庫に。
f0260146_13504622.jpg
しっとりふわふわで美味しい♪
冷えてきゅっとしまっている方が好きなので、一口食べて残りは冷蔵庫に。
1本は冷蔵して、カットした数切れはそれぞれラップで包んで冷凍しました。

あぁちょっと食べたい!って思うことがあります。
でも作って、残らないように差し上げたりして・・・とそこまで想像すると
や~めた!と思う事、あります。
保存料が入っていないので、貰っていただく時は必ず焼いた当日か次の日くらいと考えているので
焦って配る時もあるんですよね。
ある程度の量を冷凍保存したら、程よい量が残って焦らずに済みます。

昨日はテストが始まって早く帰ってきた長男に
「何か甘いものありますか?」と聞かれたけれど、
何もなくて、朝食用のヨーグルトを2つあげました^^;
こういう時冷凍した焼き菓子があるといいかな。

冷凍のアィディアはこちらの本から
f0260146_1443640.jpg
つばた英子さんと修一さんの本です。
以前買った「あしたも、こはるびより」はお二人の生活を紹介している感じでした。
この本は、お二人のおしゃべりを聞いているようなそんな気持ちになります。
信念にぶれがなくて読んでいて気持ちがいいです。
人と違ってもいいんだ、自分の気持ちを大切にしよう、と思えます。

英子さんはシフォンやタルトも冷凍するんですって。
冷凍庫を何台かお持ちなんですよね。
私の冷凍庫にシフォンをつぶさずに冷凍できるスペースはないので、
冷凍するとしたらあとはクッキーにガドーショコラくらいかなぁ。

今日のお弁当。
f0260146_1410428.jpg
丸いのが長男、四角いのが次男。
コロッケ、生姜焼き、マカロニサラダ、ぶどう豆昆布入り、
酢油野菜、茹で卵だし醤油がけ。
気分転換がしたいのと、次男のお弁当の量を増やすために
タッパーにしたけれど、いつも使う保冷バッグにうまく入らなくて後悔しました><。
お弁当プラスα。次男用。
f0260146_14114772.jpg
昨日焼いた角食で蜂蜜サンドとピーナツサンド、凍らせたジュースとゼリー。




家族全員、「あまちゃん」を観ています。
それぞれが帰ってきてから観るのですが、
私は一緒に笑いたくてそれぞれに勝手にお付き合いするので4回観ています^^;

ある時、長男が録画を観ようとした時に
「私の勘が当たったの♪」と言ったら
「あ~お母さんどうして言っちゃうんだよ、ストーリーわかっちゃったじゃん!emoticon-0112-wondering.gif
というので
「え?キョンキョンと鈴鹿ひろみが・・・・なんじゃないかって話〇〇(長男)にしたっけ?
お父さんにしかしていないと思っていたけれど。」と
言ったら、
「したよ、俺にも。あ~もうわかちゃったよ~」と少しご立腹だった様子だったので
ここを何とか切り抜けねばならないと思い
「あら!!
〇〇とお母さんって、意外と会話しているんだね~~~!!emoticon-0102-bigsmile.gif」と
言ってみました。
作戦成功。
長男、ブッと「なんだそれ?」とふきだしておりました。

ほっ。
あまちゃんがらみでよく怒らせるんですよ。
間違って録画消しちゃったり。
うまくごまかせた~~~emoticon-0141-whew.gif

子供が受験期はさまぁ~ずの番組をよく家族で観ていて、
さまぁ~ず好きじゃないとわからないようなギャグを家族同士で言い合っておりました。
なので受験というとさまぁ~ずを思い出します。
今は観ないですねぇ。
あのゆるい頑張らない感じに癒されていたのかもしれないですね。
そして今は「あまちゃん」。
長男が先日あまちゃんを観ながら
「俺ってこうして、家族と暮らすのあと半年くらい?」と
唐突に言いました。
ちょっとやめてよ、そういう事言うの・・・と思いながら
手を止めず「そうだよ。」と答えました。

知っているお仕事も趣味もばっちりあるお母さん、
ご長男が一人暮らしをされてしばらくは病気みたいに落ち込んだと言っていました。
そのお母さんがそうなるなんて意外で少しショックでした。
考えても仕方ないですね。
考えない、考えない(笑)
[PR]
Commented by at 2013-07-26 11:38 x
こんにちは^^

あまちゃん、面白いですよね~
あの時代を知っているからこそ、ぷっ!ってなる場面が多くて・・・。

長男君の発言、ドキっとしますね。
私も長男が家を出る時、出てしばらくは本当に何を見てもうるうる・・・みたいな弱弱しい感じでしたけれど、今はよくお友達に「就職は地元へ帰って来るの?」と聞かれると「「いやいや、帰られたら困るわ~」なんて言っていますからねぇ。人間変るもんです。(笑)
離れていても時々会って一緒にご飯ご飯食べて
また少しケンカして頼りにして・・・。
この距離もなかなかいい感じです。
オ―タムさんもいつかそんな感じになれます、きっと。
Commented by autumn-park at 2013-07-26 17:50
☆結さん、こんにちは♪

薬師丸ひろ子さんも色んな格好をして、今までに無い役を演じているし、キョンキョンとの2ショットあるかな~とか今後の展開が楽しみです。

そうなんですよ、ドキッとしました。
時間がくれば慣れると思いますが、しばらくは辛いでしょうね。
一緒に暮らしていた日々の終わりがくるわけですから・・・
私みたいにいかにも落ち込みそうなママじゃなくて^^;、凄く活発な方なんですよ。
だからびっくりで、最近結構平気かも、なんて思っていたところなので〇〇さんでそんなだったら私はどうなっちゃうんだろうって。
辛かったとしても時間が解決してくれるんでしょうね。
それしかないんでしょうね。
先輩である結さんがそんな風に思えているのは心強いです。
これからまた違う生活が始まるという少しワクワクした気持ちもあるので何とか乗り切れるのではと思っていますが・・・
Commented by hahamego at 2013-07-26 21:37
我が家のメンバーは体重計に怯えつつも甘い物大好き。
お菓子は作った物も買った物もいただいた物も全員のお腹に消えていきます(^^:)

あまちゃんは我が家の朝の時計替わりとなるはずが、始まると全員動きがstop。昨年訪ねた宮古や久慈が舞台だからますます動きがstop。次女、何回遅刻しそうになったことやら。

思い出します、あの辛かった日々を。毎日涙していました。送り出す荷物を一つ箱に詰めるごとにいろいろ思い出してしまい、溜息ばかり。
送り出してガランとなった部屋を見てはまた溜息と涙。娘の旅立ちと祝わなければならないのに、ダメでした。
心が落ち着くまで随分時間がかかりました。
そして実は今も娘を東京へ送り出すときはどうしても胸が熱くなります。もう5年目に入るというのに情けない母です。

これで次女も…なんてことになったらどうしましょう〜?!

Commented by autumn-park at 2013-07-28 07:32
☆hahamegoさん、おはようございます♪

あまちゃん、面白いですよねぇ~
純と愛は暗かったですよね、ガラッと変わりましたよね。
でも笑えるから気が付かないけれど、あきちゃんもかなり大変な思いしているよね、って主人が言っていて、あぁ確かにそうだなと思いました。

Tommyさんが進学した時はお辛かったでしょうね・・・
知り合いのママはスーパーでお肉を買おうとして、あ、こんなにいらないんだわ、と思っては涙、お部屋みては涙だったそうです。
5年だっても何年経っても別れる時は辛いですよね。
市内県内にずっとご両親と住んでいる方にはあの、東京駅の雑踏で別れる辛さはわからないだろうなぁって思います。

次女ちゃんは地元の大学をお勧めします(笑)
東京に限らないけれど、大学を遠くにすれば、将来遠くに住む可能性は必ず上がっちゃいますもんね。
どこに行きたいという強い思いがあったら止められないですけれどね・・・
Commented by midori-bento at 2013-07-29 09:05
おはようございます。

↓ アイロンがけが上手な男子ってステキ~☆
進学・就職が近場でも、結婚しなくても(←私のことデス)
やっぱりいつかは独り立ちするものですから^^

独り立ちできるということは、ご両親の愛育の賜物ですので、
どうぞ胸を張って送り出してくださいませ。
別居したとて親子の愛情に変わりはありませんし、
普段一緒にいられない分、やさしくできます^^

話はかわりますが、昨日少し高校野球を見ていました。
昔、江川さんが「優勝する1校を除いて、負けて終わるスポーツ」と話していましたが、
負けて終わるからこそ得られるものがあるんだろうな、
観ているひとは感動しちゃうんだろうな、と思いました。
Commented by autumn-park at 2013-07-29 14:51
☆midoriさん、こんにちは♪

長男、結構お勧め男子かも(親馬鹿~)
優しいし、これから家事的なことも覚えていく気あり、です。

はい、胸を張って送り出します!
でも多分しばらく落ち込んじゃう^^;;泣いちゃう^^;;;
私も主人も大学から親元を離れて今も遠くに住んでいるので
一年に一度ほどしか会えない、ので
自分と重ねて、下宿する(この言葉を知らない大学生がいるそうですね)イコール親子であるには違いないけれど、殆ど会えない、お別れみたいな気持ちで捉えているんですよね。
自分がもし、大人になっても会いに行くのが可能な距離に両親が住んでいたらここまで思わないかもしれません。
でもべたべたずっとそばにいたいわけじゃなく・・・巣立っていくことへの寂しさというやつですね。

Commented by autumn-park at 2013-07-29 14:55
☆midoriさん、その2です。
今マスコミに出ている桑田さんみたいに理論的に、無駄なく練習し、勝利を目指すという指導者はまだ少なく、私のイメージですが^^;無駄に厳しく無駄に長い時間ストイックに取り組むをよしとしている泥臭い指導が主流だと思うんですよね。
そんな指導の下、辞めて他のスポーツを選ぶお子さんは沢山います。
辞めようと思っても不思議じゃないような生活を選んだ子供達が一日でも長く仲間と野球をするために戦う、そんな我が子のために親も一緒に戦うのが私の夏の予選のイメージです。
どんなに頑張ってきても不本意な終わり方で野球を終えるチームもいるし、本当に厳しい世界で・・・野球に関しては色々な思いがあるので考えがうまくまとまりません><;ごめんなさい。
そんな風に日々を過ごしてきたチームの中で笑えるのは1校だけなんですもんね。
Commented by kodemari_e at 2013-07-29 16:28
きっと 長男くんも 毎日を過ごしながら 心の中に 少~し寂しい気持ちを
持ってるのでしょうね。
お話読みながら 胸がキュンとします。
私は結婚したときに 初めて家を出たのですけれど、しばらくして新居に
遊びに来た母を 最寄りの駅に送って行ったときの事、あとで 知り合いの
オバサンから 母が 私の事 連れて帰りたかった って 言ってた
って 聞かされました。
そんな風に思ったなんて そんなそぶりもなかったので ビックリしましたけれど
自分が母になって そういう時期が だんだんと近づいてくると 分かる気がしますね。
子離れしなきゃならないけど 無理にすることもないし きっと 時間が
解決してくれますよ。

その後何年かして 自宅から通勤 って 事も ありますしね(笑)
その時は すっかりいない事に慣れて それはそれで 大変らしいですよ。
先の事は 分かりませんから・・・考えない 考えない(*^_^*)
Commented by sinco1111 at 2013-07-29 23:35
レモンドリズルケーキって⁇
レモンパウンドみたいな、モノかしらん…
とっても、美味しそうですね。
子供に、なんか、甘いものなーい?って聞かれた時に、焼き菓子が用意してあったら、確かに嬉しいですよね(*^^*)
わかる、わかる、その気持ち。

お弁当を毎日作る事って、けっこうな負担ですよね、でも、こうして頑張ってるママさんたちを見ると、私だけじゃないよ、みんな頑張ってるよ、って励まされます( ^ω^ )

あまちゃんのファン、多いですよね〜

うちの会社でも、あまちゃんを毎日録画して観てる人、いますよ。

そんだけ 人気あるのね??
Commented at 2013-07-31 11:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by autumn-park at 2013-07-31 13:29
☆kodemari_eさん、こちらにもコメントありがとうございます♡

次男は飄々としているのですが、長男は感じ方とか私に似たところもあるので、少しは寂しいと思ってくれているのかなと思います。
親が子供に心配をかけずに済む時に子供には色々なことを経験して、青春の楽しい思い出を作ってもらいたいので
良い時間を過ごすんだよ~って言って送り出そうと思っています。
自分が送り出された立場だったのに、今度は送り出すんですよね・・・
お母様のお話を読んで、新婚時代を思い出しました。
私は実家大好きなタイプではなかったのに、ひどいホームシックにかかり、本屋さんで実家の地名を観ただけで涙が出てしまったことがあるんです。
それから、結婚後初めて上京した両親と会って、観光した後、横浜の山下公園で別々のところに帰る辛さ・・・

同じ屋根の下に住むのが当たり前の期間は意外に短いものですね。

長男の一人暮らしが始まる時どれだか落ち込むのか想像がつきませんが、1日も早くその状況に慣れたいです(笑)
Commented by autumn-park at 2013-07-31 13:43
☆tomoさん、こんにちは♪

レモンドリズルケーキ、自分の前のブログにリンクしたけれどうまくいかないみたい。
レシピはhttp://galettes.exblog.jp/9016633を観てみて下さいね^^。(リンクの許可も頂いて、以前のブログ記事でリンクしています。)
アイシングのかかったレモンケーキです。
お砂糖の量に驚いちゃうけれど、これ美味しいですよ。
面倒くさがりの私もびっくりするような作り方です。
手間を惜しまないtomoさんが見たらびっくりすると思います。

子供が甘いものが欲しい時にないなんて、私はなんのためにお菓子作っているの!!って感じです(笑)。

お弁当作りに関してはほぼ100%ブログお友達が頑張っているのを見てだったり、楽しくおしゃべりすることで頑張れています。
子供の褒め言葉もかなりの威力を発揮するけれど、次男はそういうこと滅多に言わないので、期待できないです^^;

tomoさん、あまちゃん観ていないの^^?
きょんきょんと私は年が近いせいもあって、娘がいたらこんな感じかなぁって思って見ています。
Commented by autumn-park at 2013-07-31 13:51
☆鍵コメさま。

忙しいとお菓子焼いている場合じゃないんだけれど、
何か作りたいって思う時、ありますよね。
レモンドリズルは本当に簡単だから試してみてみて^^。

4月から次男に関しては殆ど家にいなくなっちゃったけれど、
長男は早く帰ってくることもあるんですよ。
その時は、あ~もう少し寄り道とかして遅くに帰ってきて欲しいなって、可愛い息子でさえ、そうなので主人にはもっとそう思う^^
若い時はあんなに行っていた飲み会殆どなくて、飲み会ないかなぁなんて思っちゃいます。
家族が好きだけれど一人の時間はやっぱり大事です。
勝手なものです(笑)

家族は元気でそこそこ留守がいい・・・なんてね^^。
by autumn-park | 2013-07-26 11:06 | 家で作ったお菓子。 | Comments(13)

愛すべき普通の日々。


by autumn-park
プロフィールを見る
画像一覧